情報交換がスムーズになる採用管理システム

contents

採用業務をシステム化してみませんか?

時間も労力もかかる採用管理ですが、企業の発展にとって人材採用は非常に重要となってきますので、できるだけ効率よく、求める敵性とマッチする人材に出会いたいものですよね。普段の業務に加えて採用業務を行わなくてはならない中で、その管理方法に頭を悩ませている管理職の方も多いのではないでしょうか。
とりわけ中途採用においては、応募者によって選考のスケジュールも異なるため、効率よく選考を進めるのは大変な労力になると思います。その負担を軽減する一つの方法として、システム導入が挙げられます。どの職種に何名、どのような人からの応募があり、それぞれがどこまで選考を進めているのかわからない。応募者から連絡が来ても、状況が担当者にしかわからずすぐに対応ができない。こうした問題もシステム導入をすれば、応募者を一括で管理できるので、それぞれの状況を把握しスムーズに採用業務を進めることができます。
迅速な対応は、企業にとっても応募者にとっても大きなメリットです。また、意外にタスクを圧迫するメールの作成、送信もシステムによって効率化することができます。現行の業務に慣れていれば、システム化に抵抗感を抱くかもしれませんが、採用管理の効率化、社員の負担軽減として、システム導入を検討してみてはいかがでしょうか。

採用管理システムを利用しての作業効率化

採用管理システムという言葉をあまりよく知らないという人が多いかもしれませんが、これを導入することで求人応募の時に今まで必要だった作業の効率化が可能になるのです。ではどのようにして作業を効率よく行うことができるのか、具体的に紹介していきます。まずは候補者の採用管理がすべてこのシステム一つでできるということ。システム導入することで各候補者毎の採用活動状況が一目瞭然で、タスク忘れや連絡忘れなどのミスを防ぐことができます。
また、候補者詳細画面にはチャット形式のタイムラインのようになっており、各候補者の面接での評価や申し送り事項などを採用担当者同士がチャットの感覚で情報交換ができるようになっています。今までよりも効率よくやり取りができるため、作業の進み具合も変わってきます。メールの送受信がツール内でも管理されており、メーラーを行ったり来たりすることもなく、候補者、人材紹介宛てのメールの一括送信や返信用テンプレートの利用により業務がスムーズに行えます。また、効果分析レポートというのもあり、面接官別などの効果分析ができて採用活動の改善化を図れます。採用担当は社内の報告レポートとしてそのまま使うこともできるのでとても便利です。システム導入することで、今までの負担が最小限になることは間違いないでしょう。