採用業務を効率化し一括化し統計化する

contents

応募者データを一括管理

社員数が多い企業や、退職率が高い企業の場合、常に採用活動を行う必要があり、採用担当のチームを持つ企業も少なくありません。応募者の数が多ければ多い程、応募者の管理が複雑となり、過去の選考結果データや応募履歴を簡単に抽出するためには、採用管理システム導入が重要なカギとなります。採用管理には様々なシステムが登場しており、社内で同じシステムを使う事で、誰が調べても同じ情報を共有する事ができ、かつ選考事に応募者の情報を更新する事も可能です。実際に採用に至った場合には、入社に関するフローへ繋げる事も可能なため、選考から入社まで同じシステムを使う事も出来ます。一貫したシステム導入を行う事で、重複した業務の削減に繋がり、社員の業務改善にも大きく繋がるケースがあるとして注目されています。
今後、インターネットによる求人掲載や、求人への応募がより一般化すると言われていますので、デジタルを取り入れたシステムの導入を検討してみましょう。個人情報の管理が求められる時代でもありますので、外部に流出する可能性が引くシステムや、セキュリティが高く設定されているシステムの導入も良いでしょう。今後長期的に活用していく中で、採用効率の改善にも効果があります。

自社専用システムで過去のノウハウも残せる!

採用管理システム導入は、採用業務の効率化そして希望者側の手間や不安を解消できるというメリットがあります。その結果、採用試験までのフローに無駄があり、希望者が他社に流れてしまうというリスクが回避出来ます。採用管理システムを導入することで自社内に採用業務に関するノウハウが蓄積されないといった問題が指摘されています。ですが、システムがない状態でも人事担当者の異動や退職により、ノウハウの引継ぎがマニュアル化されていなければ、残らないのも事実です。

そこで、採用管理システムを導入する際は、自社内のノウハウを盛り込んだ専用システムを構築することがおすすめです。システムを提供する側のノウハウも盛り込め、採用業務の向上が見込めます。また、マニュアル化が難しい、小さな業務をシステムの一部に組み込めるため、新たな人事担当者への継承漏れも回避することが可能です。

自社専用の独自採用管理システムであれば、担当者が変わった場合でも同じ採用フローと判断が可能になり、自社にマッチングしない社員を採用してしまい、離職率が高くなることも回避出来ます。また、採用業務の効率化も気付いた時点でシステムに反映出来るため、業務改善がリニアに行われることとなります。