人事の効率化は企業を救う

contents

エントリーの経路確認で効果的な採用募集を確立!

企業にとって、社員を募集するのは経営戦略上において、重要な業務になります。ですが、自社ホームページからの直接エントリー、求人サイトからのエントリー、職業安定所や教育機関からの斡旋のいずれの募集が効果的なものか把握しておく必要があります。採用管理を行う場合、次回はどの募集に注力すれば良いか判断する必要があるものの、メールや郵送といった方法ではデータ集計において限界があります。
そこで、採用管理システム導入により、情報の一元管理がおすすめです。インターネットからのエントリーに対応し、どの採用募集からの応募か集計することが可能です。その結果、応募件数が少ない方法について見切りを付けることが可能になり、次回以降から効率の良い募集が可能になります。
例えば、自社ホームページや求人サイトからの応募が多い場合、ホームページなら内容の充実化を図り魅力的な会社とアピールすることが可能です。また、求人サイトであれば会社内の雰囲気が分かるよう、社員のインタビューを充実させたり、業務実績を紹介するなど社会的な貢献度の高さをアピールするといった戦略が可能になります。採用管理は、新入社員を募集するだけと考えがちですが、会社広報そして企業戦略といった意味合いも強いため、採用管理システム導入により情報公開も行うことが重要です。

採用管理システムを導入してみませんか?

多くの企業が悩んでいるものの一つが、新たな人材を獲得する際の人事の負担でしょう。人を1人雇うために多くの方から採用する人間を決めるわけですから、取り扱う情報は膨大な量になってしまいます。その人事や採用担当の負担を軽減するため、採用管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか?
採用管理システム導入するメリットとして、上述した人事や採用担当者の負担を軽減することが出来ます。まず採用管理システムとは、人材の採用業務において必要な求人案件などの管理、入社希望者の情報(履歴書など)の管理、入社希望者との連絡のやりとり、入社希望者の内定の評価や現在の面接の進行段階、入社希望者の特色や面接官の印象などこういった様々な情報があります。
これら求人から面接、採用に至るまでのあらゆる業務に発生する情報を一元管理し、円滑に人事業務を進めることが出来るシステムなのです。特に多くの方を採用する大企業~中企業で最も効果を発揮することは間違いないでしょう。毎年の採用のほか、中には中途採用などにも対応している採用管理システムも存在するため、優秀な人材を出来るだけ逃したくないと考えている方は、ぜひ採用管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

採用本部用、拠点(店舗)用に最適化された管理画面のほか、SV(スーパーバイザー)向けの専用管理画面も。 自社採用サイトの応募者数増!人材採用コストを低減!優良人材の定着率アップへ 応募者数増加、業務効率アップとコスト削減をしながら、採用率も向上。 お得な採用管理システムはこちらがおススメ